Esporte / Mundo

POKÉMON MADE IN PARÁ

Pouca moral? Campeão japonês pode contratar Yago Pikachu

Quarta-Feira, 05/12/2018, 07:32:28 - Atualizado em 05/12/2018, 12:37:55 Ver comentário(s)

EDIÇÃO ELETRÔNICA

Dois dos maiores clubes japoneses estão disputando a contratação do paraense Yago Pikachu: O Gamba Osaka, um dos que tem maior torcida no continente asiático e o Kawasaki Frontale, que em apenas 20 anos de existência, já possui quatro títulos nacionais, sendo dois na Série A (2017 e 2018).

Segundo o portal alemão Transfermarket, desde abril o Gamba Osaka já havia iniciado conversas para tentar levar o destaque vascaíno na temporada para o país. No entanto, as negociações não avançaram.

Imagem: Reprodução

 

Nos últimos dias, no entanto, outro nome forte voltou a circular como possível destino do lateral paraense: o Kawasaki Frontale, bi-campeão japonês que ganhou o torneio duas rodadas antes do fim do campeonato.

 

Visualizar esta foto no Instagram.

☀︎ フロンターレ、連覇達成٩(๑ˆOˆ๑)۶!!! #今日 の試合は悔しいことに負けてしまったし、本当は勝って決めたかったけども、ここまで積み重ねてきた勝点63が、✨優勝🏆という形になったんだよねっ☺️! ぼくもふろん太と現地に行かせてもらって、優勝が決まった瞬間はアウェイだったけれど、ピッチにも居させてもらえたんだっ(๑˃̵ᴗ˂̵)و そう💡今日は思いきって全身ゴールドになってみたっ😎☆ぼくは去年同様だけど、ついにふろん太も😂! 決して簡単じゃないことを成し遂げたフロンターレ。 DAZNはもちろん、今日の夜のテレビ出演を見て、SNSも眺めて、ぼくも思いっきり浸るぞ~っ(。•̀◡-)✧ 最後に、まだシーズン終わってないけど、フロンターレサポーターのみんな、ファミリーのみんな、いつもありがとう😊! そして、おめでとうっ☺︎🎊! byカブレラ ☀︎ #川崎フロンターレ #連覇 #🏆 #㊗️ #2018J1リーグチャンピオン #frontale #フロンターレ #kawasaki #川崎 #⚽️ #soccer #サッカー #jleague #Jリーグ

Uma publicação compartilhada por Kawasaki Frontale (@kawasaki_frontale) em

 

O clube já possui uma "colônia brasileira" e tinha como grande destaque, curiosamente, um lateral direito brasileiro (como Pikachu), também de um Estado da região Norte (Rondônia): Elsinho, que foi eleito o melhor brasileiro no país.

 

Visualizar esta foto no Instagram.

☀︎ ネットくんの名古屋への移籍が発表された…(ρ_<。)。・゚・。 限られた現役生活の中で、自分にとって何が大切か、その当事者にならないと分からないであろうし、たくさんのことを比較したり検討して決断したなら、ぼく達はそれを尊重して応援するだけと思う(ง •̀_•́)ง ネットくん自身が、こうして魅力的なオファーが届くような活躍をしてきたわけで、そこを認められたんだからすごいことだと思う🔥 ブラジルから日本に来るという決断をした時も、細かい条件はぼくは分からないけれど、少なくともどこかに魅力を感じてくれたからフロンターレを選んでくれたわけで😉 節目節目で何らかの大きな決断をして次に進まないといけないのはぼく達も同じだけど、プロのサッカー選手なら尚更だと思う٩(๑•̀ω•́๑)و お子さんも誕生して、より一層家族への責任も増しただろうし😌✨ それに大切な家族のようなみんながいるからこそ、影響力も大きいし👍 正直、本当に残念だし、頭では分かっていても整理なんてなかなかできない(๑•́︿•̀๑) 例えば、レナトくんのことだって、いまだに思い出したら悲しい出来事ではあるけれど、それ以上に素晴らしい思い出もたくさんあるし、毎日のようにレナトくんと奥さんのSNSをチェックして、立場上、影ながらという形でありながら相当な応援をしてチェックし続けてるぼくがいる。 ブラジル🇧🇷は日本🇯🇵から遠い😣。周りにいる家族とか友達と別れて、日本に来ることを選択してくれて、世界中にたっくさんあるサッカークラブの中でフロンターレを選んでくれたことに、今でもすべてのブラジル人選手達に感謝してるんだなっ☆(他の外国籍選手ももちろんねっ😊!) ネットくんと言えば、どこのチームのブラジル人選手達ともやたらとフレンドリーなのが特徴(๑¯◡¯๑) もともと顔が広いのか、日本で気付かないうちに輪を広げていったのか、一瞬で打ち解けるのか、そこは長く謎だったんだけど、たぶん全部なんだろうなぁ😎✨ 来日当初、あまりの顔の広さにすごい😮💡と感動したスタッフくんがよくよく聞いたら、通訳のゴンちゃんくんが「この方とは初対面だと言ってます」って聞いて驚いてたって話、聞いたことあるもんっ🤣 ネットくんのいるところは、大きな笑い声と笑顔あり( ˆОˆ )☆いつもどんな時もニコニコしてて陽気なお兄さんだよねっ♪ 一方で、ピッチでは、闘志をむき出しにしつつ、味方が倒れた時なんかプレーを止めろ💡って激しく怒ったり、相手チームの徹底マークにあうと、やーめた😗ってなっちゃったり、そういう人間味あふれるところが、みんながネットくんに注目していた理由でもあると思う(。•̀◡-)✧ そもそも選手それぞれに代わりになる選手なんて存在してなくて、ひとりひとりがかけがえのない存在。 誰ならいなくてOKで、誰なら困るとか、誰かが代わりにいるから大丈夫とか、そういう話じゃないんだよねっ(•̀ᴗ•́)و だって家族に代わりはいないでしょう? だからこそ寂しいし、整理もまだできないけど、感謝の気持ちがいっぱいあるのは間違いない☺︎☆byカブレラ ☀︎ #エドゥアルドネット #vailadefrontale #みんなで歌う時は決まって1番の笑顔見せてる😊 #一緒にたくさん歌えて楽しかった #大西洋に面した美しい海岸線がある #ほぼ一年中暑い気候 #それがネットくんの出身地🇧🇷 #ってことで #寒いのが苦手 #親知らずはもう抜いた #ネットっていう名前なのにネット関係は大の苦手😂 #特にSNSはオレがやったら大変なことになるだろうって #自由奔放なネットくんらしい異常に説得力のある答え #でも #これからは離れてしまうから様子をチェックするためにやってくれたら嬉しいな😌 #frontale #フロンターレ #kawasaki #川崎 #⚽️

Uma publicação compartilhada por Kawasaki Frontale (@kawasaki_frontale) em

 

 

Visualizar esta foto no Instagram.

☀︎ 今日でフロンターレの2018シーズンが終了したねっ⚽️✨ ホーム #等々力 でもみんなと喜びを分かち合いたいよねって、アウェイで優勝が決まってから色々と調整を進めてたスタッフくん達。 やるなら徹底したい! ってことで、村井チェアマンにも来ていただいて、アウェイで組んだあの台座も組んで、今度は試合に出れなかった人もみんな入れた選手全員でやりたいよね😌って #今日 まで色々と試行錯誤してた。 気温も下がって、少し肌寒い中だったけど、フロンターレらしく、みんなと一緒に今年の「連覇」の喜びを分かち合えたんじゃないかなってぼく思う☺︎💡 去年は去年で色んな想いが爆発した瞬間だったけど、今年は今年で最多得点&最少失点✨を達成したり、チームが強くなってるって色んな場面で実感したし、きっときっと10年後、20年後に振り返った時には、かけがえのない思い出になってるはずとぼく思うっ(。•̀◡-)✧ なかなか興奮冷めやらなかった去年とは違くて、少しは落ち着いて嬉しさを噛み締めることが出来た気がする😊👍 優勝が決まってからもテレビや雑誌、色んなところで取り上げていただいたりしたけど、シーズンが本当に終わってここからまた色んな番組や雑誌で取り上げていただける気がして、またどっぷりフロンターレに染まろうと思う💪 だって、まだまだフロンターレを見足りない、読み足りない、浸り足りないもんっ(•̀ᴗ•́)و byカブレラ ☀︎ #川崎フロンターレ #2018J1リーグチャンピオン #連覇 #🏆 #選手達の周りにすごいことになってる青いテープ これぞ #青覇テープ #今年はついに本物のシャーレ👏 #ユウトくんが掲げてるやつねっ #ぼくのすぐ近くには長居スタジアムで目入れ済みの必勝だるまくんも一緒に #なぜかショウゴくんは今日も金色のトロフィー係🏆 #みんな本当に良い顔してる😊 #ぼく個人としてはこういうクラブの歴史を一緒に刻めたことが嬉しい #これからまたクラブの歴史をみんなで作っていこうねっ!! #frontale #フロンターレ #kawasaki #川崎 #⚽️ #soccer #サッカー #jleague #Jリーグ

Uma publicação compartilhada por Kawasaki Frontale (@kawasaki_frontale) em

 

 

Visualizar esta foto no Instagram.

☀︎ HPのトップページに「齋KOO」ってあるけど、改めて最高な一日だったなぁってまだまだ浸っているぼく(๑˃̵ᴗ˂̵)و 今月ってホームゲームが1回しかないってことで、その間もしっかりとフロンターレを忘れないで気にかけてくれてたらいいな。ちょっとでも楽しみを生み出せたらいいな。ってそんな思いで、ここ最近世間でも大いににぎわってたハロウィンにターゲットをしぼってぶつけて企画を練っていた我がフロンターレが誇る集客プロモーション部隊🎊 選手達もそこに理解を示してくれて、試合以外の部分でも盛り上げようって、ひと肌脱ぐどころか、ふた肌くらい脱いで協力してくれたっ٩(●˙▿˙●)۶ とにかくそこに感謝しかないっ😭✨ そうなったら、その素材を意地でも話題にしてやるんだって思うもんねっ✊ もちろん、色んな意見が出てたのは知ってる。でも、工夫をしなければ、これだけたくさんのクラブが身近にある時代に、フロンターレを一番に選んでくれる理由ってないかなって( 。•̀_•́。) やらずに後悔するより、やって後悔した方がいい。やってみて後悔するような状況になっても、物事に向かって何かしらのアクションを起こした上で残念ながら達成できずに失敗した。 要するになかなか得られない、失敗経験を積める✊やったって事実が経験として確実に次に生きる👍フロンターレはいつもそうやって来たわけで、これがフロンターレのスタイルなだけで、良いか悪いかは見てくれるみんなが評価してくれればいいし、クラブにはそれぞれのカラーがあるから、そもそも比較するものじゃないってぼく思う(。•ᴗ•。) 結局のところ、ぼくとふろん太とスタッフくん達みんなは、選手達とサポーターのみんなの笑顔が見れることが一番。 正直、それ以外は言ったらキリがないから、毎試合ただみんなの笑顔が見たい✨そう思っていろんなことをやってるんだなっ( •ᴗ•)*♪ その過程で一人でも興味がない人にフロンターレのことを何となく気にしてもらったらいいなって☆byカブレラ ☀︎ #今シーズンももう残りわずか💦 #リーグ戦はあと4試合しかない😢 #アウェイゲームも2試合含まれているから簡単にはいかないと思うけどスタジアムで一緒に戦ってほしいなっ #ここの気合いの入れようで結果って確実に微妙に影響を受けるはずっていうのをぼくはいつもの等々力でしっかり体感してる #だからこそのお願い😌🙏 というか #ぜひ集合してほしい🏟 #ぼくはいつもみんなと一緒に笑いたいし一緒に乗り越えたいし達成したいって思ってる #ぼく達も現地に行けないかって交渉してる #最悪スタジアムに入れなくてもスタジアムのすぐ外でDAZN見るくらいの気持ちでいる #フロンターレには広報とか営業とかと違って専属の部署がある #集客プロモーショングループ #オリンピックに出向中の某さんがよく名物広報とかって呼ばれてるけどあれ間違い🙅‍♀️🙅‍♂️ そうやって言うならば #名物プロモーション担当 #名物企画屋 #プロモ部が構想を練った企画をどう展開していくかグッズ部隊とか広報部隊とか他の部署とぼく達と選手達 #そこの連携がとにかく大事 #ここしっかり #これからもそこ一切妥協せずやってくつもりだよつ #試合が残り少ないこの時期にあえて綴ってみたっ #frontale #フロンターレ #kawasaki #川崎 #soccer #サッカー #jleague #Jリーグ #等々力

Uma publicação compartilhada por Kawasaki Frontale (@kawasaki_frontale) em

 

PAYSANDU PODE LUCRAR

Segundo reportagem do DIÁRIO DO PARÁ desta quarta-feira (05), mesmo distante do Paysandu, clube que defendeu como profissional por quatro temporadas (2012 a 2015), desde o final da temporada de 2015, quando se transferiu para o Vasco da Gama-RJ, o polivalente Yago Pikachu, 26 anos, poderá render, em breve, alguns trocados aos cofres do Papão. Caso a negociação seja mesmo concretizada, o Papão, por ser o formador do atleta, teria direito a uma porcentagem da negociação entre o Vasco e o possível novo clube.

(DOL)



Conteúdo Relacionado:





Comentários

Destaques no DOL